CSV ファイルから列を抽出する方法

CSV ファイルから列をオンラインで抽出
1,411,775,069件のレコードを208,885件のスプレッドシートに変換しました
エクセルファイルまたは CSV ファイルを選択
ここにファイルをドロップしてください。ファイルの最大アップロードサイズは、料金プランによって異なります。 2 GB を超えるファイルを処理するには、GOOGLE ドライブを使用することを強くお勧めします。

このツールは、CSV ファイルから 1 つ以上の特定の列を抽出して別の CSV ファイルに保存できる、シンプルかつ強力なオンラインツールです。このツールは、多数の列を含む大きな CSV ファイルがあり、その一部のみを操作するだけでよい場合に非常に便利です。

このツールを使用するには、CSV ファイルをアップロードして、抽出する列を指定するだけです。その後、ツールは入力ファイルを処理し、指定された列のみを含む新しい CSV ファイルを作成します。その後、出力ファイルをダウンロードして、さらに分析することができます。

Quick Creator
Quick Creator is the ultimate marketing tool for creating SEO-optimized blog pages andhigh-conversion landing pages in minutes.
Quick Creator
Transform your blog and landing pages with AI-powered Quick Creator

CSV ファイルから列を抽出

Pythonを使ってCSVファイルから列を抽出するには?

Pythonは、データ分析や操作タスクによく使用される一般的なプログラミング言語です。一般的なタスクの 1 つは、CSV ファイルから特定の列を抽出することです。幸いなことに、Python にはこのタスクを簡単かつ簡単にするライブラリがいくつか用意されています。

そのようなライブラリの 1 つは パンダ 以下を提供するライブラリ csv () CSV ファイルを読み込める関数 データフレーム オブジェクト。CSV ファイルが 1 つにロードされたら データフレーム 、インデックスを使用して、特定の列を名前または位置で抽出できます。たとえば、 アイロック [] インデックス位置で列を抽出するメソッド。

以下に示すのは、を使用して CSV ファイルから特定の列を抽出する方法を示すコードスニペットの例です。 パンダ :


import pandas as pd

# Load the CSV file into a DataFrame
df = pd.read_csv('input.csv')

# Extract the 'column1' and 'column3' columns
new_df = df.iloc[:, [0, 2]]

# Save the extracted columns to a new CSV file
new_df.to_csv('output.csv', index=False)

この例では、最初に入力の CSV ファイルを次のようにロードします。 pd.csv () 。その後、使用します アイロック [] 1 列目と 3 列目を抽出するには ( [0、2] ) そして結果を新しいものに代入します データフレーム 呼ばれた new_df 。最後に、抽出した列を次のようにして新しい CSV ファイルに保存します csv () 。

全体として、 パンダ CSV ファイルから特定の列を抽出するのは簡単で効果的な方法です。このライブラリには、データ分析に役立つ機能が他にも多数用意されており、データサイエンティストやアナリストにとって貴重なツールとなっています。

その他のトランスフォーメーションツールをご覧ください
データの変換:テキスト、日付/時刻、場所、JSON など